f:id:nrsk-115:20151116232743j:plain

脇汗を止めたいけれど、治療すればお金がかかるし、スプレーを使うと毎回消費するので、何回も買い直さないといけない(>_<)

なので、できるだけ自宅にあるものでできたり、体の一部を刺激することで脇汗を止めれないかと思っている方のために、調べてきました。

 

なるべくお金をかけずに脇汗を抑える対策法はあるのでしょうか?

 

体を一部を刺激することで脇汗は抑えられる?

まず手のツボ押し効果を試してみましょう。

汗を抑えるツボは手のひらのくぼんだ部分、親指から人差し指に向かう間にもくぼんだ部分があるのですが、この部分は体の血液循環を良くして新陳代謝を高めるツボとなっています。
ですからこの2つの部分をゆっくりとマッサージしていき、新陳代謝が良くなることで悪い汗を抑える効果があるのです。

 

f:id:nrsk-115:20160205153549j:plain

まずコツは手のツボだけを揉むのではなく、腕全体をゆっくりとマッサージしていきましょう。
そうすれば血行を促進する効果が現れより効果を発揮すると思います。


またマッサージをするときはあまり力を入れずに優しく揉んであげましょう。
場合によっては強く押しすぎて筋肉を痛めてしまう人もいるのでなるべく優しく行いましょう。
そしてマッサージはお風呂で行えばより血行促進期待でき、更にはリラックス効果もあるのでやってみる価値があります。

 

↓ ↓ ↓ こちらも参考に!

半側発汗の制汗法を使った脇汗の止め方!

 

自宅にあるものを使って脇汗を抑える 

次に自律神経を整える方法で脇汗を抑えられるかもしれません。

 

f:id:nrsk-115:20160205154012j:plain

自律神経とは交感神経と副交感神経から成り立っていて、発汗の原因に交感神経の動きが乱れることで起きてしまうケースもあるのです。

ですのでこの自律神経の乱れを整えることで嫌な汗を抑えることができます。

また首の後ろ、手首、脇の下などには動脈が走っているのですが、この動脈部分を冷たい氷や水で濡らしたタオルを当てることで汗を抑えることができますよ。

保冷剤を鼻に当てれば体全体が冷えて汗を抑える効果もあり、モデルさんやスポーツ選手が行っている方法でもあります。

 

f:id:nrsk-115:20160126161635j:plain

 

これらの方法は、ほとんどお金はかかりませんが、少しの時間だけとか場所によっては出来ない時があります。

全ての状況で脇汗をしっかり止めるためには、スプレー式やクリームタイプのデオドラント剤は必ず併用しておきましょう。